看護師が失敗しない転職の条件

不景気で再雇用が難しいと言われる現代でも、手に職を持つ人は転職が有利になる場合が多いです。中でも、看護師は一生食うに困らないと言われる程となっています。
確かに、人の命を預かるにあたり技術と経験は非常に大切です。そのため、結婚や出産を得てブランクがあっても、経験者は優遇されます。病院には、そういったブランクがある人の再雇用を応援するために、ブランクのある間に変わった技術の勉強会を開いて、スムーズな復帰を後押ししていくれる所もあります。そういった面からも、看護師は常に職に困らない職種です。
しかし、理由なき転職を嫌煙する病院は多くあります。なぜなら、女性の多い職場で理由もないのに転々としていると、人間関係やその他でトラブルを起こしているのではと疑われる元だからです。そのため、どの職場に再雇用されても良いのではなく、長く働ける職場を選ぶのが本当に失敗しない転職といえます。実際、中には人間関係が悪い職場もあり、そうした職場で再雇用されても長く働くのは困難です。
では、どういった職場で働くと失敗しないのでしょうか。それは、公平な判断と規則のある病院です。女性が多く働いている看護師という仕事は、既婚未婚・子供の有無と言ったさまざまな生活形態の人が集まって働いています。そのような中、自分達で話し合って決めると揉める原因になるため、規則で3交代や残業の有無が決められている方が良いのです。
また、昇進に関しても感情ではなく、規定に従い昇進していくことで妬みがなくなります。そうしたこと積み重なって人間関係に影響を与えるので、結果長く働けるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です