転職で失敗しない方法

転職で失敗しない方法は、何が原因で今の職場を去るのか・そして何をしていきたいのか明確にすることです。
何も考えずに、退職届を出すことは可能です。しかし、何も考えない退職届提出は、同じ失敗を繰り返す可能性があります。まず、職場や人間関係など何らかの不満が原因で辞める場合は、次の職場で不満が必ず解消されることを確信してから行動しましょう。
例えば、人間関係が嫌で職場を去るのであれば、次の職場で良い人間関係に恵まれる確信が無いので失敗する可能性が高くなります。何の確信もなく動くのは危険で、嫌になったら辞めるという辞め癖がついてしまうので避けたいところです。
もっと働く日数を減らして、給与ではなくプライベートを重視した働き方をしたいと思っのであれば、それが可能な職場へ移ります。休日日数や就業時間は事前に分かるので、今の希望に合う職場を見つけることが可能です。
不満ではなく、挑戦などポジティブな理由で転職するのであれば、いかに後悔しない選択ができるかどうかにかかっています。
今の職場が好きなのに別の仕事へ挑戦するのは、行動して良かったというポジティブな現実と、残れば良かったというネガティブな現実が待ち構えています。ポジティブな現実にするには、行動した結果どのような困難が待ち受けているか具体的に想像することです。夢の成功など良い場面ばかりを想像するのではなく、訪れた困難を乗り越えられると判断したら行動に移します。
このようなことから、失敗しない転職には事前のシミュレーションが不可欠なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です